"Takumi's ripening Inaniwa Tesho Udon" that protects the traditional traditional method. We will send the best of delicious food "Inaiwa texture" directly from the production area.

2018年January

In the frigid outdoor classroom


日本列島を包み込む大寒波。 ここ湯沢市も3日間でまたまた1m位の積雪追加です。 一昨日のPM7:30頃の気温です。 48年振りに東京はマイナス4℃で大ニュースでしたが この時期は日中もマイナスが当然ですが、やっぱり辛い三日間です。 そんな吹雪、気温でも地元の小学校では「スキー授業」 視界は50mほど?リフトに乗っているときは「鼻水が凍る」ほどの体感温度。 つかの間の空を見つけて撮影しました。(ほんの2~3分でした) あまりの寒さに、さすがに子供たちもかわいそうなスキー教室でした。 こんな寒い時の夕食はやっぱり「稲庭うどん」。 かつお出汁の熱々のつゆをたっぷりかけた「温麺」。 ふーふー言いながら心も身体も暖かくなりますよう~!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

33 years and 34 years of proficiency


We have already had 19 days this year, but we have continued to stick to manual labor this year, and we are preparing for the first time on the 9th. The skilled craftsmen continue to make it in reticently, and it is the year and the year. There is also a lot of effort in hand kneading. The next day, we worked hand in hand. It is a manual work of putting the twist while rubbing here. One by one is finished in a unique shape handmade. It is a manual work where the noodles are slightly different, but it becomes "Inaba Handicraft Udon" which is good for the mouthand does not get tired of a unique texture. The hand-made fabric sat down to mature and proceed to hand-in-hand work. The inside of the cloth became thicker by gravity at the time of aging, and it adjusts it from the top to the bottom to a uniform thickness by the experience and intuition of the skilled craftsman. It is all a craftsman's intuition. We will continue to make this year with great care. To write "complete hand-made" rather than "hand-made" is therefore "complete hand-made". Only a small company can do it: to continue to follow the old-fashioned manufacturing process, and to pass it on to the next generation. This year, we will deliver the most delicious "Inaba Teko udon". Language This page has been automatically translated. Please note that it may be different from the original contents.

Show All

大阪空港での雪まつり


大阪伊丹空港でのイベントに13日~14日の二日間出展してきました。 湯沢の気温は-6℃。到着した大阪の気温は4℃。 大阪空港は現在リニューアル工事中。大規模な工事状況でした。 イベント会場は空港と隣接の「大阪空港モノレール駅の下」でしたので 寒い中でのイベントとなりましたが、 横手市の「かまくら」、男鹿市の「なまはげ太鼓」を中心に大賑わい。 二日間家族連れを中心に朝から晩まで「かまくら」での記念撮影 雪の広場での「そり遊び」等、30~60分待ちでした。 当社は「稲庭手業うどん」を中心に秋田特産「きりたんぽ」「いぶりがっこ」等の販売。 寒さで疲れましたが「心地よい疲労感」でした。 いろいろな「ゆるきゃら」も駆けつけ、にぎやかな二日間でした。 お声がかかれば物産展にも出店しております。 2月10日からは「ビックサイト」へ出展いたします。 秋田限定品等をお持ちいたしますので宜しくお願い致します。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

Thank you again this year.


明けましておめでとうございます。 本年も変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。 今年の初ブログは新雪の山々と皆瀬川です。 昨年末からの雪で雪寄せ、雪降ろしと大変な毎日ですが この景色を見ると何とも言えません。 車中からの撮影でしたので微妙ですが、青空が広がり朝から気持ちいい天候です。 雪国は冬は大変ですが、四季を感じられて幸せなのかもしれません。 木々も凍るような状態ですが、太陽を浴び生き生きとしているように感じます。 自然の厳しさ、冬の寒さで「稲庭手業うどん」造りも苦労をしてますが 今年も熟練の職人を中心に皆様に美味しいうどんをお届けできるように 努力して参りますので、本年もご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All