"大师的成熟伊纳瓦里手工艺品",捍卫古老的传统方法。 我们直接从产地发送美食的"伊纳吉巴基"。

2020年March

30,000 瓶


去年春天,我们开始销售在县内有限的"300毫升伊纳瓦尼苏尤(酱油味/3倍浓缩)",多亏了30,它成为000本书。 我们特别要求酱油制造商开发,以进一步提取"伊纳瓦尼手工艺品乌冬"的美味。 我们只用有限的销售来建造。   一个大约七到八人。   汤汤1:水3:汤汤1:水或水的百分比为7-8。 我们坚持不使用防腐剂,也不使用添加剂。 我拉出"O-o"和"Konbu"的味道,并使用"本酿造酱油"作为汤的基础。 只需用热水稀释,即可享受正宗风味。 试试美味的"Tsuyu",这是"伊纳瓦尼乌冬",这是冷与基里。 有效期至2021年2月。 储存也在室温下确定。 这一次, 15 单位 1 单位进一步讨价还价的价格 (请参阅商店角). 在即将到来的季节,"面条! 冷面! 这是一个巨大的成功。 请借此机会品尝"伊纳瓦尼·Tsuyu",这是为了进一步丰富伊纳瓦罗手工艺品乌冬面的味道。 语言此页面已自动翻译。 请注意,它可能与原始内容不同。

查看全部

工匠们在气候上挣扎


気温の変化が著しい今週です。 一昨日の湯沢市の道路上の温度計では気温は20℃。 4月下旬から5月上旬の気温。 画像のように秋田富士「鳥海山」もクッキリ。 標高2236mの鳥海山はまだまだ真っ白ですが、手前の田んぼはすっかり雪がない状態。 稲庭地方にも白鳥が飛来し「旅立ち」の準備をしております。例年より半月以上は早いのか・・・! こんな気温で過ごしやすいですが、稲庭手業うどんを造る職人たちは四苦八苦。 急激な気温上昇は職人たちを悩まします。 手練りから始まり、手綯い、手延べと進んでいく作業工程ですが、 味を形にする「乾燥」は、熟練職人の腕の見せ所。 特に気候の変動が大きい季節は最新の注意を払い、作業を進めます。 しかし・・・熟練職人といっても限界はあります。 年に数度は麺にバサツキが出たり、細かったり。 正直、業務用として出荷できない時もあります。 きちっと計り茹で、氷水で〆、食味をしますが、業務用として出荷できない「麺」もあります。 機械づくりではないので申し訳ないのですが、超お徳用の販売価格での対応となってしまます。 900gで800円。地元の道の駅での限定販売、ネットでの数量限定で販売させていただいております。 画像は綺麗に乾燥されている「麺」ですが、職人は何年たっても日々努力しております。 職人の技法の結晶「稲庭手業うどん」。 暖かい気候になったら「つけ麺・つけ麺」で是非ご賞味ください。 これからも「日々精進」「日々努力」をし、お客様にご納得していただける「稲庭手業うどん」を手造りし、お届けしてまいります。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看全部